新着情報

遠隔病理診断で支える病理診断の未来
Telepathology as a Basis of Pathological Diagnosis

病理診断の需要が急激に増加する一方、一人病理医問題は依然未解決のまま。高まる遠隔病理診断の必要性に立ち向かう

病理AIが病理診断の当然の選択肢になるように
Computational Pathology Supports Pathologists

病理AIがすべての病理医の診断補助の1手段として当然に使われる医療制度になれば、作業はより効率化し医療の質の向上につながるのではないか

previous arrow
next arrow
Slider
2019年度 業績を掲載しました
2020年4月10日
その他
2020年4月9日
その他
2020年4月8日
その他